TOP

艶やかなお姉さん系風俗嬢と遊んだ時の体験談

考える悦びは風俗にもあるんじゃないですかね

考える喜び。それは風俗にもあると思うんですよ。ホームページを見てどの女の子にしようか考えますし、ポータルサイトを見てどのお店にしようかを考えるのも定番です。いろいろな選択肢がある中から、自分のインスピレーションを信じて一人の女の子を選んで任せる。それが求められるのが風俗の世界だと思うんですけど、風俗って他にもいろんな楽しさが待っていると思うんですよ。もちろん選ぶ楽しさもありますけど、選んだ女の子とどのようなことを楽しむのかを考えるのもまた、ある意味では楽しさの一つでもあるんじゃないのかなって思いますので、風俗って自分が思っている以上に楽しい時間を満喫することが出来ると思いますし、考えることによって自分の理想に近づけるのであれば考えることは決して無駄なことではないんじゃないのかなとも思いますので、風俗では自分自身、かなりみっちりと考えるようにしていますけど、そこからいろいろなものが生まれるのも事実なんですよね。

時間的に考えるとやっぱりデリヘルに落ち着く

風俗はどれもとても素晴らしいものだということは分かっていますけど、自分が一番お世話になっているのはデリヘルです。むしろデリヘルばかりになりつつあるんですけど、それはサービス内容と言うよりも時間的な問題が大きいですね。サービス業なので、定時が終電間際なんです。だから仕事帰りに風俗で一発楽しもうってことは、残念ながらかなり難しいんですよ。基本的にハコヘルと呼ばれている、いわゆる店舗タイプの風俗では0時くらいがタイムリミットですけど、受付終了となるともっと早いじゃないですか。でもデリヘルなら深夜でも特に問題なく楽しめることを考えると、これ以上の存在はないだろうって気持ちになるんですよね(笑)だからこそ、デリヘルが一番何じゃないのかなという気持ちはあるんですよ。とりあえずデリヘルにしておけば間違いないんじゃないかなという気持ちもありますし、デリヘルであれば深夜でも嫌な顔をされるようなことはないんですしね。


栄町のデリヘルなんて興味ない人ばかり!?

先日、仕事の関係で千葉市の栄町にあるデリヘル店に関わることがありました。このお店のサイトをサポートするコンサルティング業をすることになりましたが、驚きの連続でした。まず、自分がビックリしたことは、一般的な検索によって集まってくるお客さんが皆無であるということです。ウェブマーケティングをする上で集客手段は非常に重要です。通常であれば「ポータルサイト掲載」「リスティング広告」「検索集客」の3つの軸になります。検索からの集客に関しては自社での対応によってコントロールすることも容易な部類です。しかし、『栄町 デリヘル』で検索をした際に流れてくるお客さんが少ないこと!まず、これを探ることから始まりました。なんせ1ページ目に表示されていてもデリヘル・風俗を合わせても30もアクセスがないわけですからね。異常な状態です。詳しく調べていくと分かりましたが、ブランド力がついてしまっているようでした。つまりお客さんとなる利用者は既にお店の存在を名前で認識しており、リピーターはお店名で検索をしているということなのです。普通に考えるとマーケティング上では非常に成功している例となりますが、将来性の部分で不安が増加するでしょう。デリヘル・風俗の業界では地域ごとに露出が非常に高く市場を独占してしまっている状況ではこのようになると考えられます。今回のケースでは、栄町という地域がそれほど他のエリアからの人の往来が少ないエリアが影響してそうでした。つまり、その地域のパイは既にほぼ獲得してしまっているわけです。じゃどうするのか?そんな事を考えても一度覚えてもらったイメージは払拭されませんし、新たな利用者となる男性の人口が急増することもないでしょう。ですので、成功は成功ですが選んだ地域に限界があるともいえると思います。ウェブ集客としては次の段階に進んでしまっているのかも知れませね。